歯が痛むのは虫歯のサイン早期の治療が必要です

こんな症状はありませんか?

これらは虫歯によくある症状です。ただ虫歯は初期での自覚症状がほとんどないため、こういった症状があるということは、すでに虫歯が進行している可能性大。一度進行した虫歯は、どんなに丁寧にブラッシングをしても治癒することはありません。放っておけばどんどん悪化し、最終的には歯を失ってしまうこともあります。

虫歯の原因とメカニズム

虫歯は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸を出し、歯を溶かすことからはじまります。

虫歯の原因とメカニズム

虫歯の起因となる要素は、「歯質」「虫歯菌」「糖分」、そして「時間」。第一にもともとの歯質の丈夫さや唾液の洗浄能力によって虫歯になりやすいかどうかが左右されます。また、普段の生活においては、糖分が口の中に滞在する時間が長ければ長いほど虫歯になるリスクは高くなります。虫歯にならないようにするには、虫歯菌の棲みかであるプラークを長時間口の中に残さないことが何より重要です。

納得・安心の治療説明を行います

当院では全スタッフが「自分が受けたい」と思える治療を患者様にご提供することをモットーに、納得できる治療説明を心掛けています。治療内容をわかりやすくご説明するために、患者様一人ひとりの「歯の健康診断書」を作成。患者様ご自身にも歯や歯ぐきの状態など、口腔内の状況をしっかり把握していただき、納得していただいたうえで治療をスタートしたいと考えています。

【定期検診】

虫歯は再発の多い病気。一度治療をしたからといっても油断できません。なぜなら、治療した歯はもともとブラッシングが不十分で、磨き残しの多い場所。同じケア方法では再び虫歯になる可能性が高いのです。そのため当院では、虫歯治療後の定期検診を推奨。口腔内の衛生状態が悪化していないかを定期的にチェックし、必要に応じた処置を行います。これにより、虫歯の再発を未然に防ぎます。

>>定期検診の流れについてはこちら

  • このページの上部にもどる