歯を失ってお悩みの方へ

失ってしまった歯は、放っておかず、すぐに補う必要があります。歯がないと見た目が悪くなるばかりではなく、会話や食事が思うようにできず、人とのコミュニケーションもうまくいかなくなります。また、失った歯の隣の歯が移動してくることもあり、歯列にも問題が生じやすくなるのです。

歯を補う治療「補綴治療」には、昔からなじみのある「入れ歯」や「ブリッジ」のほか、最先端の「インプラント」があります。長谷川歯科医院では、患者様のお口の状態や歯を失った箇所などを踏まえ、一人ひとりに適切な治療法を選択していただけるようサポートしています。

一般的な保険診療だけでなく、審美面や機能面で有利な自費診療のご提案も可能です。よく話し合い、確認しながら患者様にとってメリットの高い補綴治療を選び、お口の機能を回復させましょう。

補綴治療で使用する素材

レジン 保険が適用される白い歯科用プラスチック。経年による変色や摩耗があるので長持ちはしません。おもに詰めものに使用しますが、被せものやブリッジに使用する場合には、土台に金属を使って補強します。
金銀パラジウム合金 詰めものや被せものに使用する素材で、いわゆる銀歯です。銀色なので目立つうえ、金属アレルギーの心配などのデメリットがありますが、保険が適用されるので、安価に済みます。
メタルボンド 金属の土台にセラミックを焼き付けた被せもの。光の透過がやや失われますが、セラミックの美しさを活かした自然な仕上がりになります。また、丈夫なので硬いものでもしっかりと噛めます。
ハイブリッドセラミック セラミックとレジンを掛け合わせた素材で、セラミックの美しさとレジンの粘りをあわせ持ち、詰めものや被せものに使用されます。硬すぎないため噛み合う歯を傷付けることがなく、メタルフリーなので金属アレルギーの心配もありません。
オールセラミック すべてが審美性に優れたセラミックでできている素材で、天然歯に近い質感の補綴物を作製できます。メタルフリーなので金属アレルギーの心配がありません。

入れ歯

当院では、一般的な保険診療の入れ歯だけでなく、自費診療の入れ歯にも対応。ここでは、当院で採用している「エステティックデンチャー」についてご紹介します。

エステティックデンチャーとは

審美性、機能性、耐久性を重視した自費診療の入れ歯。固定するためのバネが目立たず、自然な見た目と快適な噛み心地が魅力となっています。

【エステティックデンチャーのメリット】

「固定するバネが金属ではないので目立ちません」

  • 美しく透明感のある素材を使用しているため、審美性に優れています
  • 固定するためのバネが金属ではなく歯ぐき部分と同じ素材なので目立ちません
  • 素材に適度な弾性があるため、歯ぐきにやさしくフィット。噛み心地も快適です
  • においや汚れが付きにくい特殊な素材を使用しています

【エステティックデンチャーはこのような方に適しています】

  • 入れ歯だということを知られたくない方
  • 入れ歯独特のにおいが気になる方
  • 金属製のバネが見えるのが嫌な方
  • 今使っている入れ歯に違和感があって不満な方

インプラント

インプラント

インプラントは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上からセラミックの美しい人工歯を被せて歯の機能と審美性を回復する補綴治療。周囲の健康な歯に負担がかからず、顎の骨の吸収を防ぐことができるのが大きなメリットです。

当院においては、一部分の歯を失った場合にブリッジを選ばれる方が多くいらっしゃいます。しかし、失った歯の両隣に健康な歯がなければ、ブリッジは施術できません。このようにブリッジを適用できない患者様や、長年ブリッジを使っていたために両隣の歯が損傷してしまった患者様には、インプラント治療をおすすめしています。詳しくは長谷川歯科医院までお問い合わせください。

  • このページの上部にもどる