お子様が虫歯で痛い思いをしないために~適切な予防処置のすすめ~

虫歯の痛みは大人でもつらいもの。我が子には虫歯になって欲しくないと願うのが親心でしょう。しかし、親御さんの中には「乳歯はどうせ生え替わるのだから、虫歯になってもいいのでは?」という方もいらっしゃいます。しかし、それは大きな間違い。乳歯が虫歯になると、これから生えてくる永久歯も虫歯になりやすくなってしまうのです。乳歯も大切な役割を持った歯。ですから、大切に育ててあげましょう。

お子さまへの配慮

お子さまへの配慮

当院では、診察用チェアにDVDを設置したり、ガチャガチャを置くなど、お子さまが積極的に歯医者の来る環境を整えるよう努力しています。
「治療」と固くとらわれず、お子さまの気を紛らわしてあげることで、ストレスのない治療ができるように心がけています。

予防処置のすすめ

虫歯にならないようにするには、普段のブラッシングが予防の基本となります。しかし、ブラッシングだけでは完全な予防はできません。お子様の歯がトラブルに巻き込まれる前に、歯医者さんで予防処置を受けましょう。

シーラント ~深い溝を埋めて予防~

シーラント ~深い溝を埋めて予防~

シーラントとは、歯ブラシが届きにくい奥歯の溝に樹脂を詰めて、歯面を滑らかにする処置。奥歯の深い溝がなくなるため、食べかすが詰まりにくくなり、効果的に虫歯を予防できます。基本的に永久歯の奥歯への施術が適していますが、乳歯でも適応可能です。

【シーラントはいつからはじめるのがベスト?】

生えたての歯は溝が深く、歯ブラシが当たらないことがあり、虫歯になりやすいもの。はじめてのシーラントは6歳臼歯が生えたらすぐに受けることをおすすめします。その後は奥歯が永久歯に生え替わる時期に合わせて順次施術していきましょう。ただし、シーラントの目的は歯の溝に食べかすが入るのを防ぐこと。シーラント自体で虫歯菌の繁殖は抑制できませんのでご注意ください。虫歯を予防するには、日頃からのブラッシングや定期検診を徹底することがもっとも大切です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

きちんとブラッシングしているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などには磨き残しがあるものです。歯は1本1本向きや形が違うため、それぞれの歯に適したブラッシングを行う必要があります。特にお子様はまだセルフケアがしっかりできませんから、正しいブラッシング方法を身に付けさせることが大切です。

当院ではお子様のお口の中をしっかり把握したうえで、磨き残しのある部分を指摘し、磨きにくい部分の上手なブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシの選び方についても親御さんへのアドバイスを行っていますので、どうぞお役立てください。

【効率的にブラッシングをするために】

当院では染め出し液を使って歯に付いているプラークを赤く染め、どこに磨き残しが多いのかを見やすくしています。そして、その結果をデータ化し、プリントして患者様にお渡ししています。これなら、日頃のセルフケアのときにどこを重点的にブラッシングすべきなのかが一目瞭然。効率的なブラッシングにお役立ていただいています。

なお当院では、成長期のお子様の虫歯予防処置として、フッ素塗布もおすすめしています。

  • このページの上部にもどる